VISION PROJECT

NEWS

VISION Ⅲ
「A MAD TEA PARTY」
@田中邸
参加型サイトスペシフィックダンスパフォーマンス

日時 2017年6月17日(土)14:00
2017年6月18日(日)14:00
入場料 一般:2,000円
小学生:1,000円
幼児:200円
※お茶とスイーツ付き
ドレスコード 白、水色、またはストライプの服装でお越しください。
会場 川口市立文化財センター分館・国登録有形文化財 旧田中家住宅 茶室・庭
埼玉県川口市末広1丁目7番2号
http://www.kawaguchi-bunkazai.jp/tanaka/tovisit/tovisit.html
出演 佐藤珠江、大岩ピレス淑子、大石あずさ、布目紗綾
ゲスト出演 Fred Gehrig
美術 川崎久美(創造アトリエ おおきな木)
協力 石塚彩織、種本愛子、大岩静江バレエスタジオ、(株)リムーブイメージ、川口市文化振興助成事業
ご予約 TEL:070-3522-9511
MAIL:contact@vision-project.info

VISION Ⅲ
「A MAD TEA PARTY」
フライヤーはこちら(PDF)

VISION Ⅱ
「からっぽの身体」

※終了しました

企画・演出 大岩ピレス淑子
ダンス 石塚彩織 大石あずさ 大野里美 矢嶋美紗穂
ゲスト出演(美術) 川崎久美
日時 2015年11月21日(土)19:00(18:45開場)
2015年11月22日(日)14:00(13:45開場)
2015年11月22日(日)18:00(17:45開場)
入場料 一般:2,000円(1ドリンク付き)
小学生以下、70歳以上:1,000円
未就学児、80歳以上、障がい者:無料
会場 大岩静江バレエスタジオ
http://oiwa-ballet.com/access.html
ご予約 TEL:070-3522-9511
MAIL:contact@vision-project.info

VISION Ⅱ
「からっぽの身体」
フライヤーはこちら(PDF)

大岩ピレス淑子によるヨガ+インプロワークショップ

※終了しました

日時 2015年7月14日(火)11:00-13:00
2015年8月25日(火)11:00-13:00
2015年9月29日(火)11:00-13:00
会場 大岩静江バレエスタジオ
http://oiwa-ballet.com/access.html
参加費 2000円
ご予約 TEL:080-2393-9551
MAIL:contact@vision-project.info

VISION PROJECT 始動パフォーマンス
「VISION 1」

※1993年制作のソロ作品「Adagio」の上演もされます。

※終了しました

演出・振付 大岩ピレス淑子
ダンス 長内裕美 石塚彩織 大石あずさ 佐藤珠江 平松美祐(Adagio)
音楽 臍藤シンタ A・ヴィヴァルディ J・ブラームス(Adagio) 他
ビジュアルアート 三嶋章義
日時 2014年12月13日(土)19:30(19:00開場)
2014年12月14日(日)14:30(14:00開場)
入場料 一般:2,000円(1ドリンク付き)
小学生以下、70歳以上:1,000円
未就学児、80歳以上、障がい者:無料
上演時間 約40分
会場 大岩静江バレエスタジオ
http://oiwa-ballet.com/access.html
ご予約 TEL:080-2393-9551
MAIL:contact@vision-project.info

ABOUT

■VISION PROJECTとは

VISION PROJECTとは、ダンスを主体とする質の高いアートを、企業や行政などのサポートにより、アクセスしやすい場所と価格で観れる機会を作る、という活動です。
また、ワークショップなどの教育活動も行っています。

2014年6月に振付家、大岩ピレス淑子によって始動。
国内外で活躍するダンサー4名と、作曲家の臍籐シンタ、ビジュアルアートの三嶋章義を迎えて活動中。

■VISION PROJECTの目的

「もっと日常生活の中にアートを、アートをより身近に、かつ機能的に」

VISION PROJECTは全ての人々に、幅広く、平等に観ていただくことを目的とします。

© 種村愛子

■なぜアートが必要なのか?

アートは、人々の心に直接、さまざまな問題を投げかけます。
それに触れる人は、癒されたり、考えさせられたり、良い気分にさせられたりします。

アートはある意味、医者や薬のような力を持っているのです。
VISION PROJECTのパフォーマンスを体験することによって、観る方に直接ポジティブな作用を促すことをねらいとしています。
時間感覚がゆるんだり、ストレスが解消されたり、活力が向上したり、さらには自己の生き方に問いかけをする、など、マッサージにいく変わりにアートを利用する、そんな感覚で見ていただきたいと思います。

HOW

■街中公演

7メートル四方程度のスペースで、プロジェクションのできる壁か、スクリーンを吊ることのできる場所と、観るひとが座って、または立って観るのに充分なスペースがあれば、どこでも行います。

屋外:広場、公園、美術館などのエントランス・スペース など
屋内:ビルの中、ホテルロビー、ショウルーム、ショップ など

■訪問公演

VISION PROJECTは、公演をするスペースまで移動困難な方たちのために、さまざまな施設や病院、特別支援学校などへの訪問公演も行っています。

■教育活動

参加アーティストによるダンス、音楽、ビジュアルアートのワークショップをし、アート教育活動を行っています。

© とものまほ

WHO

大岩ピレス淑子(演出、振付)

幼少より大岩静江にクラシックバレエを学び、15才から振付とジャズダンスを始める。

1996年ニューヨークのジュリアード・スクール卒業。

トワイラ・サープのダンスカンパニーを経て、2003年までビルTジョーンズのカンパニーで、ニューヨークを拠点にダンサーとして活動。

03年より06年までフランスのバレエ・プレルジョカージュ(エクサンプロヴァンス国立振付センター)で踊り、パリのシャイオール劇場、アメリカのケネディセンター、リンカーンセンター、日本の新国立劇場など、20カ国以上の主要フェスティバルや劇場で踊る。

2007年に独立。韓国国立芸術大学振付科招待講師。

振付作品を日本、フランス、ドイツ、韓国、ブラジルなどで発表、公演ツアーを行う。

2008年文化庁海外新進芸術家派遣でブラジルに研修。

2012年日本バレエ協会「クレアシオン」にて振付、2014年ラ・ダンス・コントラステに振付。

2014年6月VISION PROJECTを始動。

長内裕美(ダンサー)

お茶の水女子大学舞踊教育学コース卒業。

2008年より振付活動を始め、2010年横浜ダンスコレクションRにて在日フランス大使館賞およびMASDANZA-EU章受賞。

第15回インターナショナルコンテンポラリーダンスフェスティバルMASDANZAにてソロ部門2位受賞。

フランスのアンジェ国立振付センターでのレジデンス制作、日韓ダンスプロジェクトによる共同制作等を経て、2012年秋より文化庁在外研修員としてハンガリーのブダペストにて研修を行う。

石塚彩織(ダンサー)

幼少期より大岩静江バレエスタジオにてクラシックバレエを学ぶ。

高校を卒業後、英国にあるKate Simmons Dance Ltd.に入学し、3年間でクラシックバレエ、コンテンポラリーダンス、ジャズダンスなどを習得する。

帰国後は大岩ピレス淑子にインプロヴィゼーション、ヨガなどを学び、作品にも出演。

現在フリーでダンサー・振付家として活動している。

大石あずさ(ダンサー)

3才からクラシックバレエを始め、高校卒業後、渡英しKate Simmons Dance Ltd.に入学。

クラシックバレエだけでなく、コンテンポラリー、ジャズ、スペイン舞踊、タップなど多岐に渡るダンスを学ぶ。

入学中にBeaumont Scholarshipを受賞し、卒業後はセルビア国立バレエ団に入団。

白鳥の湖では4羽の白鳥、くるみ割り人形では中国の踊りなど代表的古典作品に出演する。

佐藤珠江(ダンサー)

7才より岡山でクラシックバレエを始める。

2004年渡独しDANCEWORKS Berlinでグラハム、カニングハム、ホートンなどのモダンダンス、ヨガ、ピラティスを学ぶ。

2006年よりオランダのロッテルダムダンスアカデミーCodartsでコンテンポラリーダンスを始め、現在は東京を拠点に活動。

2012年日本バレエ協会クレアシオンにて大岩ピレス淑子作品に出演。

2014年まさおか式旗揚げ公演・Holidays公演に出演。

Kalos Ballet指導助手。

臍藤シンタ(音楽)

2010年にギターと歌でライブ活動をはじめる。
歌の活動と平行して、環境音や日常の生活音を使ったサウンドコラージュ作品の提供も始める。

2011年2月nominomo exhibition@原宿ROCKET 会場中のオリジナルBGMを作成。

2011年7月みんなの写真展@つつじヶ丘手紙舎 会場中のオリジナルBGMを作成。

2012年12月1stCD「マーチ」を発表。

2013年9月第26回Ballet Fantasyで公演された「Dots」の音楽を担当。

2014年4月CD「ニュー・バカンス / 臍籐シンタと葱のばらん」を発表。

現在、都内を中心にライブ活動を続けている。

三嶋章義(美術)

1978 年 大阪府生まれ、東京都在住。

グラフィック・デザインを学んだ後、ヒロ杉山率いるエンライトメントに参加。

ファッション、音楽の分野とのコラボレーションなど、多岐にわたる活動を精力的に行っている。人類学的なアプローチをベースに世代を超えて更新されていく知性や感覚、エネルギーの普遍性をテーマとした作品を発表している。

主な展覧会に、「節穴」(NANZUKA、東京、2014、個展)、「SASSURU(察する)」(Galerie Nagel Draxler、ベルリン、2014、個展)、「NADA COLLABORATIONS 2014」(Galerie Nagel Draxler、ケルン、2014、グループ展)。 パブリックコレクションに Collection of Jean Pigozzi(ジュネーブ)。

ロゴデザイン・写真撮影・ビデオ制作

あんざいこなみ(ロゴデザイン)

種村愛子(写真撮影)

とものまほ(ビデオ)

SUPPORT

寄付、ボランティア、アイデア募集中!!

VISION PROJECTの活動に賛同する方の寄付、およびボランティアを募集しています。
アートが好きな方、日常にもっとアートを、と感じる方、プロジェクトのお手伝いをしてみませんか?
また上演できる場所の情報など、アイデアを募集しています。
こんなところどう?など、お気軽にご提案ください!
MAIL:contact@visionproject.info

1.上演場所のご提供

アクセスしやすく「ここでアートを観たい!」と思われる場所の提供をお願いします。

2.金銭的なサポート

VISION PROJECTの活動に賛同する方の寄付をお願いします。

3.ご紹介

上演する場所の提案や、興味のありそうな団体、個人へのご紹介をお願いします。